シェアハウスで英語上達!?

 日本でも海外でもシェアハウス経験のある僕がシェアハウスの暮らしについて書いていきます。

 また、英語力アップには、シェアハウスで外国人と一緒に暮らすことが、経験上、とても効果があるので、そのことについても書いていきます。

 海外でのシェアハウスは一般的ですが、日本国内でもシェアハウスの需要が高まってますので、検討されている方はぜひ、この記事を参考にしてください。

 

 

シェアハウスとは

 一つ屋根の下で複数人と一緒に暮らすことです。

 基本的には一人一部屋あり、トイレ、シャワー、キッチンは共同というところが多いです。

 また、友人同士で部屋を借りて、ルームシェアする事とは違い、シェアハウスでは事業者が運営、管理している場合が多いです。

 なので、共有スペースの清掃や入居者同士のトラブルなどのフォローも対応しているので安心して暮らすことが出来ます。

 シェアハウスの雰囲気、住みやすさは物件によって全く異なるので、入居を決める際には、複数の物件を下見してから決めるのがオススメです。


 

シェアハウスで暮らすメリットデメリット

★メリット

・出会いが多い、友達ができる

・いろんな職業の方と会える

・情報交換できる

・安く住める

・ハウス内で外国人と友達になり、英会話でコミュニケーションが取れる

 

★デメリット

・気を使う

・共同トイレやシャワー、キッチンが使いたい時に使えない。

・気軽に友達を家に呼べない

・気の合わない同居人がいると、ストレスになる


 

シェアハウスで英語上達できる理由

 

★英語を喋る環境に身を置ける

 

 英語を一人で勉強していても、英語を話す環境がないから、なかなか上達しないという声は多いです。

 そのため、多くの方はオンライン英会話レッスンを利用しています。

 

 また、留学するということは英語環境に自分の身を置くということですから、当然、英語力はアップします。

 日本のシェアハウスでも外国人と同居すれば、日常のやり取りを英語でやるわけですから、留学体験を日本で味わえるということです。

 一日1時間程度のオンラインレッスンとは違い、さらに長い日常生活の時間が英語漬けになるので、より上達は早くなるでしょう。


 

シェアハウス、こんな人にオススメ

・留学を視野に入れてる方

・英語を学んでいて、海外の人とコミュニケーションを取ってみたい方

・出会い、交流を求めてる方

・海外留学経験者

・夢を追っている方

・家賃を安く抑えたい方


オススメのシェアハウス検索サイト

オークハウス


初期費用が安いのが強み

・敷金礼金・連帯保証人不要。

・家具家電付き

・インターネット接続料込み

 また、物件によって、共用設備にこだわっており、大型シェアハウス(ソーシャルレジデンス)には、ジム、シアタールーム、大浴場、岩盤浴、防音室、カフェラウンジ、オフィススペースも有りで、一人暮らしにはない設備が利用出来ます。

 「マツコ会議」でも取り上げられた「出会い」も大きな魅力で結婚されたカップルも多数いるそうです。


最後に

 ルームシェアすると本当に色んな人と出会えます。

 僕がニューヨークでシェアハウスしていた時のエピソードを一つお話しします。

 

 当時住んでいたシェアハウスの僕の隣の部屋にアフリカ人の夫婦が途中から入居してきました。

 ところが、毎晩、隣の部屋からベッドの激しくきしむ音が聞こえ、おまけにヒートアップしてくると、喘ぎ声や壁にぶつかる音に加え、さらにベッドもバコンバコン鳴りだし、めちゃくちゃ激しかったのを覚えています。

 

 そして次の日の朝、モーニングコールは決まって、ライオンキングみたいなアフリカの民族音楽で「なぁあーーーデんニャあーーーチワワーー」みたいな感じでした。

 しかもなかなか起きないから、30分くらいは永遠と流れてるという。。。

 まあそれでも、僕はストレスに感じるほど気にならなかったし、むしろこんな面白い経験なかなか出来ないぞと思って楽しんでました。

 

 その後、僕は別のシェアハウスにも引っ越してみたりして、今思えば、シェアハウスでの思い出はたくさんあります。

 そこで出会った人と今も交流があるし、僕は留学中シェアハウスをしていて、本当に良かったと思っています。

 

 本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!