NY留学経験者が有名オンライン英会話5社を比較してみた

 さて、今回はフィリピンのセブとニューヨークへ2カ国留学した僕が、有名オンライン英会話を比較してみたということで、実際に英語勉強に関して、色々触れてきた僕の主観だけで考えていきたいと思います。

 オンライン英会話を始めたい方、どのサービスにしようか悩んでいる方には自分に合ったサービスを使うことが一番良いと思うので、どのサービスが自分に合うのかという視点でこの記事を見ていただければと思います。

 

 

・DMM英会話

レッスン・料金体系

スタンダードプラン(初月50%オフ)
毎日1レッスン 6480円
毎日2レッスン 10780円
毎日3レッスン 15180円

プラスネイティブプラン
毎日1レッスン 15800円
毎日2レッスン 31200円
毎日3レッスン 45100円
*1レッスン25分


学習可能時間:24時間

予約:15分前~

講師:世界117カ国以上の講師陣

DMM英会話の良いところ

 言わずと知れた国内最大手のオンライン英会話教室であり、申し分ない価格、教材数、講師の質でありながら、さらに無料で英語学習アプリ「iknow!]を使えるというのが魅力です。

 オンライン英会話だけで英語を上達させるのは、正直難しいです。そこでやらなければならないことはオンライン英会話の反省も含めた自己学習。

 

 その自己学習の際に僕はアプリを使うことをオススメしています。アプリであればいつでもどこでも学習できるし、音声を聞いて、ゲーム感覚で学ぶことができるからです。

 英語上達には継続が大事なので、このゲーム感覚で楽しく学べるというのはとても良いことです。

 アプリで自己学習して、オンラインレッスンでアウトプットするのがとても効率的です。

これがセットで出来るのがDMM英会話の、他には無い魅力です。

公式website➡︎ DMM英会話

 


 

・レアジョブ

レッスン・料金体系

【日常英会話コース】
日常英会話コース毎日25分プラン    6,380円
日常英会話コース毎日50分プラン   10,670円
日常英会話コース毎日100分プラン   17,600円
日常英会話コース月8回プラン     4,620円


学習可能時間:早朝6時~深夜1時

予約:最短5分前~

講師:フィリピン人

レアジョブの良いところ

 ・経験豊富なプロによるカウンセリングが受けられる

 ・目標やレベルに合わせた学習プランを作成

 ただ闇雲に長時間勉強するよりも、今の自分にとって何を勉強するべきかを把握することがとても大事です。

 僕が留学してた時に、講師の方は生徒の勉強したいことを尊重してくれるのですが、生徒にあった勉強プランを考えてくれるわけではないし、教科書通りに進めていくという講師が大半でした。

 〜僕の失敗談〜

 ある日、僕なりに自分を分析した結果、スピーキング力が足りないと思い、ボキャブラリークラスをスピーキングクラスに変えてくれと言い、変えてもらいました。

 しかし、実際に変えてみると、トラブル続出でした。先生が日本の歴史について話してみろと言い、僕は何も言葉が出てきませんでした。

 そもそも日本の歴史をどっからどう説明したらいいのか、日本語でも上手く説明できないのに英語で説明できるわけがありませんでした。

 

 それなら、お前の好きなテーマでいいから話してみろと言われても、何も話せませんでした。

 

 今思えば、先生が酷だったと思いますが、しっかり、今の自分に何が足りないのか、何を勉強すべきかを知っていればこんなことにはならなかったはずです。

公式website➡︎レアジョブ英会話

 


 

・QQEnglish 

レッスン・料金体系

月4回キッズコース(お子様専用) 1980円
月8回コース           3685円
月16回コース(一番人気)    6680円
月30回コース          9680円
*1レッスン25分


学習可能時間:24時間

予約:最短15分前~

講師:フィリピン人

QQEnglishの良いところ

カランメソッドを採用している

カランメソッドとは

 英語脳(英語に対するパターン認識と処理スピード)を徹底して訓練する学習法です。

講師によってネイティブよりも早く話される英語に対し、生徒は瞬時に答えるというレッスンを繰り返します。

 これにより、母国語で翻訳するプロセスを強制的にストップさせ、英語脳を作り上げるメソッドです。

 

 実際に留学して、英語を話さざるを得ない状況になると、まさしくこの英語脳になっていくのがわかります。会話をしてコミュニケーションを取らなくてはいけないので、ネイティブが普通に話してくるのに、瞬時に答えていかなくてはいけないという状況が常に起こります。

 僕の場合、音楽の学校に通っていたので、当然、英会話レッスンの授業ではなく、音楽のレッスンなので英語が話せて当たり前という状況の中でした。

 

 特に初期の頃は毎日、必死に耳を研ぎ澄ませ、聴き逃すまいと授業を受けていたのを覚えています。

 そして、気づいたら日本語と同じようにスッと耳に入ってくる感覚になっていました。

 

 ということで、このカランメソッドは英会話の訓練に関して、とても理にかなっているメソッドだと思います。

公式website➡︎ QQEnglish

 


 

・ネイティブキャンプ

レッスン・料金体系

プレミアムプラン 6480円(レッスン回数無制限)
ファミリープラン 1980円(プレミアムプラン会員のご家族のみ加入可)


学習可能時間:24時間

予約:不要(ネイティブ講師のレッスンは要予約)

講師:世界100カ国以上の講師陣


ネイティブキャンプの良いところ

定額で24時間レッスン無制限

予約不要

 一日の英語の勉強時間が多く確保出来る人ほど、ありがたい仕組みとなっています。

 やろうと思えばとにかく量をこなせるので、中級以上の方にもオススメです。

 

 また、フィリピン人講師であれば、予約不要なので、ふとやりたいと思った時に気軽にレッスンを受けられるのも魅力です。

 逆に言えば、一日一回のレッスンしかやらない方、週に2回しかやらない方などはネイティブキャンプのレッスン無制限の良いところを活かせてないので、そういう方はレッスンの質やその他サービスで選ぶ方が良いでしょう。

公式website➡︎ ネイティブキャンプ

 


 

 もう一つ、自分に合ったお気に入りの講師を見つけたい方にオススメしたいのがこちら。

 日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、海外では利用者が多く、人気のオンライン学習サービスです。

Preply

レッスン・料金体系

定額制度ではなく、1レッスン毎にいくらという形。
1レッスン(1時間)約300円〜4000円くらいで講師によって様々。
受けたい先生のレッスンを生徒が自由に選ぶシステム。


学習可能時間:24時間(講師次第)

予約:要

講師:世界185カ国から登録されている講師陣


Preplyの良いところ

①上記のオンライン英会話のほとんどがフィリピン人講師しかいないのに対し、Preplyでは、いろんな国の講師から選べる

ネイティブ講師

 ネイティブの中でもアメリカ英語を学びたければアメリカ人、イギリス英語ならイギリス人、オーストラリアならオーストラリア人といった選び方もできます。

 

もちろん日本人講師もOK

 日本人の先生は日本人が英語を習得する難しさ、問題点がわかっているので、理解しやすいです。

 

日本に留学経験のあるネイティブ講師

 多くの日本人を見てきているからこそ、ネイティブの視点だけでなく、日本人の視点も持ったアドバイスを聞くことができます。

 

②英語以外の言語も学べる

 総合学習サービスなので、英語の他に、スペイン語、中国語、イタリア語、フランス語など他多数の言語を教える講師陣が揃っています。

 また、日本語を学びたい外国人向けに日本語講師からもレッスンを受けることができます。

 別の記事でも紹介しようと思いますが、英語以外の第二外国語を英語で学ぶと、その第二外国語だけでなく、英語も上達するのでオススメです。

 

③先生によって値段が違うのが面白い!

 正直、これが本来の形だと思います。人気の先生ほど、値段が高くて当然だと思います。

 音楽の先生でもこれは同じです。有名で人気の先生であればあるほど、世界中からそのレッスンを受けていみたいという人がその先生の元にやってきます。

 

 先生のモチベーションが断然違う!

 自分の指導が給料に反映されるので、そういう時って人間、絶対頑張るんですよね。

 僕も営業時代、結果が出れば出るほど、歩合として給料に反映されていたので、モチベーションはかなり高かったのを覚えています。

 このことから言えることは、人気の先生ほど、値段に見合った質の良いレッスンをされているはずです。

 

 先生からしたら、単価を上げても多くの人がレッスンを受けたくなるような授業にするために、色んな工夫と努力をしているでしょうし、値段に見合った授業をしなければいけないという責任感も生まれるでしょう。

 

 

Preplyを選ぶ理由

 どのオンライン英会話も良質の講師を揃えてると謳ってますが、実際は生徒との相性もあるし、一度レッスンを受けてみなければその人にとって良いか悪いかはわかりません。

 基本的にどのオンライン英会話も無料体験レッスンをやっているので、1、2回試してから決めるのでも良いと思います。

 金銭的な問題が気にならない方は、Preplyで自分にあった良い講師を見つけられれば、他の大手のオンライン英会話よりもベストな選択肢ができると言えるかもしれません。

公式website➡︎Preply


 

最後に

 5つのオンライン英会話を比較してみましたが、結局どこのオンライン英会話でも一番大事なのは講師選びだと思っています。

 僕自身、セブ留学した時に、色んな講師の方に英語を教えてもらって思ったのが、やはり、講師によって全然学びやすさが違うということです。講師との相性もありました。正直、あまり好きではない講師の方もいたし、周りの友達は講師を変えてもらっていました。

 

 誰かに何かを学ぶということには共通して、誰から学ぶかということが重要な要素の一つです。

 僕はニューヨークで音楽留学したのも、どうせ学ぶなら本場のアメリカで活躍してる人から学びたいと思ったのが理由の一つでした。

 そして、やはりその中でも講師によって教え方は違っていました。
結果的に、僕はこの人から教えてもらいたいという師匠と呼べる人に出会えたので、とても満足しています。

 また、いろんな発見があるし、いろんな見方や考え方が身につくので、複数の講師から学ぶこともとっても良いことだと思います。

 

 ただし、その際は、講師たちの真逆の教えによって、混乱してしまうことに注意しましょう。

 やり方は違えど、言っていることの本質は同じだったりするので、うまく自分の中で消化できるようにしましょう。

 本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!